離職率を改善し人手不足を解消するマネジメント方法

人手不足を改善する目標設計

人手不足の企業を改善するためには、目標を設定することが重要です。優秀な社員の離職率を数値化する方法を学びましょう。

離職率の測定とは 

人手不足による損失チェック

離職改善のために、コストチェックが必要です。現在の離職率によってどれほどの損失が発生しているかチェックしましょう。

離職損失コストとは 

離職の原因を数値化する方法

目標の数値化とコストを洗い出すことが出来れば、最後は問題点を数値化することでPDCAサイクルを回すことが可能です。

離職マネジメントとは 

最近の投稿

人気のある記事

優秀な社員を増やす | 離職マネジメント

離職マネジメントを成功させる3つのステップ

1

STEP1:優秀な社員の離職率

TURNOVER RATE CHECK METHOD

優秀な社員が離職しているのでは?

あなたの会社で、手放したくない部下が離職していないか、データを作成して確認してみましょう。

離職しているのが、営業成績の良い社員や、マネジメントの上手な社員、または、長い期間を働いている社員ならば、それらの社員が離職したことが原因で売上が低迷しているかもしれません。

RABLEが提供する離職率の計算方法は、優秀な社員に限定した離職率を計算することが可能です。

詳しく見る

2

STEP2:採用・離職の損失チェック

TURNOVER COST CHECK METHOD

妥協せずに徹底したコストを洗い出す

あなたの会社では採用コスト・育成コストに、どれほど投資していますか?
また、優秀な社員が離職すれば、どれだけの損失が発生するのかご存知でしょうか?

採用しても離職させていては、採用や育成は無駄な投資になってしまうでしょう。

今まで計算していなかった人材への投資コストを、徹底的に妥協なくコストをチェックしてみませんか?

詳しく見る

3

STEP3:離職原因のリサーチ方法

RESEARCH ON THE CAUSE OF JOB SEPARATION

社員の不満を心理尺度でリサーチする方法

給料が安いから離職するんだ。と勝手に思い込んでいませんか?

実は、ほとんどの会社では、そのような不満で離職していません。なぜなら、就職時に給料について理解しているからです。

社員の離職原因は、それぞれの企業で違います。

あなたの会社で働く社員の不満をリサーチし、不満を解消する組織マネジメントを実施してみましょう。

詳しく見る

コンサルタントのためのデータ作成

無駄なコストを排除して効率良いマネジメントを実現する

データ分析・ツール開発

FREE TOOL

コンサルタントのためのツール開発

RABLEでは、優秀な社員の離職率を計算するための無料のツールを用意しています。

氏名・入社日・退社日を入力するだけで、豊富なグラフを自動で出力してくれ、社員マネジメントに貢献できます。

簡単に誰でも利用できる、高性能の無料のツールをご用意しています。

こちらのページからツール内容を確認してください。

無料ダウンロード

セミナー開催

SEMINAR

離職マネジメントの全体像

人手不足で困っている企業団体や、自治体などでのセミナーを開催させていただいています。

事業が成長段階に入ってくると、集客を高めることと同時に優秀な社員数を増やすことが成功の鍵となります。

誰にでもわかりやすい資料や、参加いただける企業様のデータ分析結果などを資料としてプレゼントしていますので、非常に満足度の高いセミナーをさせていただけます。

セミナーの問い合わせ

お問い合わせ

無料相談をお受けしております。


[recaptcha]