【従業員満足度調査無料体験】モチベーション診断

モチベーション診断はRABLEの定義に基づく、”総合的なモチベーションの強さ(やる気が高い・低い)”をスコア化するための組織サーベイ無料体験サービスです。ESを検討しておられる皆様に、「定量調査・組織サーベイとして項目」と「アンケート項目」の差はどこにあるのか?を知っていただき、非財務指標を活用したマネジメントを実践していただけるように無料で提供しています。どなたでもご気軽にご利用ください。

モチベーション診断無料テンプレート

無料モチベーション診断は、個人でも法人様でもどなたでもご利用いただけます。

個人利用①:アンケートレイアウト・ライティングの参考にしたい。

以下は当アンケート項目のサンプルです。社員たちが本音で回答し、総合的なやる気の強さを測定するために精度を高めたものになりますので、貴社でアンケートの作成を検討されている場合は参考にしてみてください。

以下のリンクからアンケートの回答ページに飛べます。

個人利用②:実際にアンケートを活用したマネジメントを体験してみたい。

アンケートは全24問です。回答時間は10分程度でチェックボックスに入れるだけの簡単なテストです。

簡単な流れ

  • 上記のリンクから回答ページに移動し、送信してください。
  • 2,3日以内にあなたのモチベーションスコアとコメントを記載したPDFをプレゼントします。
  • 成績表と項目を以下のページで解説していますので、自身の状態と照らし合わせ理解を深めましょう。

アンケートに回答後、2,3日以内に全3ページの診断結果をPDFファイルを送付します。

以下のタブを押せばそれぞれのサンプル画像が表示されます。






個人利用③:複数人で利用したい

以下のページでは、モチベーション診断で使用している24項目の概念説明とスコアが高い人にはどのような特徴があり、スコアが低い人はどのような心身の状態であるのか?を解説しています。当アンケートは複数人でも活用いただけますので、部下に受けさせ、解説ページにしたがって、相手の心理を理解したり、面談の参考資料としてご活用できるようになっています。

アンケートは、事前に、どのような心理・意識・考え方・行動パターンを抜き出すために、どのような概念設計をし、どのようなライティングをしていくのか?を考える事が大切です。

アンケートライティングノウハウがあれば、財務指標には現れない人材育成やマニュアル、研修による考え方・意識・行動変化を数値で表すことができるようになります。

また項目の意図やスコアの高低が意味することを社員たちが学ぶことは、自社の人材育成・管理力の強化、マネジメント知識教育につながります。

是非参考にしてみてください。

24項目のスコアの見方・項目概念解説はこちらのページ

月5社限定!!法人利用の5つの特典

モチベーション診断では、個人利用だけでなく、会社・部署・店舗単位の利用を募集しています。月で5社のみの募集となっており、5社以上の場合は、次月以降に順番にご案内しております。

特典①:これまでに自社で実施したアンケートとの違いを体験できる度数分布表

これまでに自社でアンケートを実施されたことのある方から「回答がこんなに分散したのは初めてだ」という声を非常に多く頂きます。以下の表は、当テンプレートの回答の比率を示したものです。

法人利用では、全24問における回答構成比をまとめた度数分布表をプレゼントしています。アンケートライティング次第で回答結果が変わるということを実感していただけると思います。

特典②:チームレベル・組織レベル分析レポートプレゼント

アンケートには回答傾向があります。

「会社共通の回答の偏り」・「特定の部署だけに見られる回答の特徴」・「特定のチームのみに共通する特徴」

会社全体でデータを傾向をみれば、”経営課題”を意味し、それが部署であれば””職場文化”、特定のチームであれば”管理能力の問題”となります。貴社の社員たちのモチベーションは、全社的な問題なのか、部門課題であるのか、管理職の能力の問題なのか?を明らかにする事が出来ます。

特典③:作成したデータを会議資料・議題内容を記載したレジュメ

データを正しく活用するためには、集計結果の特徴を資料として落とし込む事が重要です。

データ全体から、どのような課題が見えてきて、社内の実態としてどのような人材マネジメント状況になっており、将来どのような問題発生のリスクがあるのか?そして具体的に自社にあった解決策とはどのような方向性のものが考えられるのか?

社員の問題意識をまとめ、ディスカッション・アイデア出しの土台となる会議資料に整理したレポートをプレゼントしています。

特典④:経営層・人事・チームでの話し合いなどシーン別のデータ運用サポート

データの活用は、会議だけではなく、現場管理職に見せるためのデータ活用、職場の社員全員で話し合うデータ活用というシーンの使い分けやどの期間で振り返りの機会を持ち、取り組みの進捗や成果のビフォーアフターをどう様なスケジュールで行い、マネジメントのPDCAを回していくのか?

リテンションマネジメント運用に関してもアドバイスさせていただいております。

特典⑤:会社の課題に合わせたオリジナル項目の追加

法人利用では更なる特典として、テンプレート24項目に最大6項目まで追加で貴社の課題や現在取り組んでおられる施策に関する項目を作成しています。また貴社の人材雇用状態に合わせたラベルも追加することも対応しています。

ESに興味があるけれど、コストをかけることに抵抗感を感じている、本当に自社マネジメントをする上で信頼できるデータであるとは思えない、ESデータがあることで自社のマネジメントが変わると思えないともし思っておられるのでしたら是非ご利用ください。

私たちRABLEでは、業績を変えるためには、社員の考えが変化したのか、実際の行動が変わったのか、会社や上司、職場に対するロイヤリティは高まったのか、もしそうでないならば、どういった考えがそれを阻害しているのか?が必要だと考えています。

従業員心理を可視化することは、マネジメントの進捗を数値に基づく科学的管理、現場での人材育成の成果評価、それぞれの社員にどのような気付き・能力指導をしなければいけないのかというマネジメントミッション策定につながります。

どれほどコストをかけても、どれほど良い施策を企画できても、実際に現場で運用されず、社員たちに変化が生まれなければ結果は変わりません。現場の社員が変わるところまでしっかりとマネジメントする。

その体験を当無料キャンペーンを通じて感じてもらえれば幸いです。

法人利用をご希望の場合は、以下の問い合わせページよりご依頼ください。

© 2021 RABLE Powered by AFFINGER5