離職率の原因がわかる!離職率計算の完全版

人手不足を改善するための
「離職率データから作成する人事考課」
価格: 9,900 円(税込)

リテンションマネジメントを継続的に行いたい、社内の人事考課の評価軸に取り入れたい。と考えておられる場合には、数値を業績評価と連動させたり、人員配置に利用したりと人事業務と関連付けていく事が必要不可欠です

当追加パッケージでは、実際の業務シーンで利用するために必須となる「業績管理機能」と「人員配置機能」が追加されています。
無料で提供しているテンプレートにはフルパッケージのデモファイルが同梱されています。

1.他の評価制度と今すぐ併用可能! 人事考課に離職率を導入できる

リテンションを継続して行うには、人材管理・育成への管理努力を成果として見える化し、社員を強く動機づける仕組み作りが必要です。評価が曖昧で運用がしにくい制度は長続きしません。

1.新人の定着率と既存社員の離職率を管理者ごとに評価することが可能

人材管理では、育成と管理能力と言う2つのマネジメントへの適性を見ることが重要です。その2つとは、新人の育成力に対する適性・部下の管理能力に対する適性です。

  1. 新人の定着率におけるマネジメント評価
  2. 新人だけでなく管理している社員の離職に関する評価

当テンプレートでは、その2つの能力を社内平均や他の管理職と成果を比較できるようになっています。

当エクセルで排出される表やグラフを見れば、他の管理職との成果の比較が簡単にしやすくなっており、他の管理職や社内平均と比べて、自身の管理能力の客観的に知る事が出来るようになっています。

2.ボタン1つで評価対象者を自由に切り替えられる

右記の様に6つのタブを切り替えるだけで評価軸が自動で切り替わり、表やグラフが変化します。専門的な知識がない方でもワンタッチで自在に様々なグラフや表を使い分けることが簡単な仕様になっています。

マネジメントでは、個人の評価をするのか?それとも職場や会社全体等の組織の評価をするのか?という評価対象の定義が重要です。個人フェーズ・職場フェーズ・社内全体フェーズといった経営分析に必要な3つの視点分析がワンタッチで実行できます

数値の使い道は主に2種類です。それは数値を人事評価のために使うのか?実際の施策を考える際の参考値として使うのか?の2通りです。当エクセルでは、評価のための数値と施策のための数値を使い分けられるように目的を持ってラベルを設定しています。

上記2つの要素を組み合わせて数値を作成していくと、非常に専門的な知識と分析手順が必要になりますが、当テンプレートでは、ボタンを切り替えるだけで数値が自動で切り替わるので、専門知識がない方でも安心して簡単に使って頂けるようになっています。


3.客観的な評価が出来るように数字サイズの標準化機能付き

多くの部下を管理している管理者程当然離職人数は増え、評価が下がりやすい傾向にあります。そういったデータサイズによる評価点数の歪みを取り除く標準化加工がしているので、成果を的確に判断できます。

離職発生人数に合わせて、離職発生比率という考え方を大切にしており、「数値の解釈や比較を考えることが難しい。」などの数学を苦手としている方でも、ご活用して頂けるようになっています。

2.人員配置・採用計画が最適化・効率化する為の機能を追求

1.管理職の人員配置の最適化を強くサポート

当エクセルでは6つの分析ラベルを使い分けることによって、以下の判断を数値で下せるようになります。

採用媒体の特徴を理解して、
最適な採用計画を練りたい

媒体チャネル(求人広告業者別)では、広告業者名を入力していただけます。

媒体によって、得意な集客対象が存在し、集客対象や平均勤続年数は異なります。これらのデータから、どの媒体を、どのように組み合わせ、最適な採用計画を立てるか検討することに活用いただけます。

指導担当者の評価をしたり、
相性を考えた配置をしたい

管理者属性では、指導担当(管理職名)の氏名を入力します。

どの管理職が誰をどれだけ辞めさせているのか?という評価を下し、どの層の社員と相性がいいのか?という人間関係の適性を考えた人員配置に役立ちます。

採用形態別の人数・勤続年数を
考えて採用計画を練りたい

採用形態別とは、アルバイト・正社員などを入力していただけます。

それぞれの離職課題の分析だけに限らず、それぞれの平均勤続年数から、入れ替え時期を逆算し、採用予定人数を計画するためにも役立ちます。

部署ごとの文化や慣習から
部署の課題に対応していきたい

部署属性とは、営業部や開発部など、職能別の部署名を入力いただけます。

職種が異なれば文化や慣習、業務内容が異なります。部署ごとの離職率、平均勤続年数、離職時期を比較し、どの部署の生産能力が低下しており、どのような人材層を厚くするのか計画できます。

現場の管理能力を育てることが
出来ているかを評価したい

事業所属性とは、地域や機能面で分けている事業所がある企業に適しています。

経営幹部が中間管理職にきちんと管理させることが出来ているか?を評価の軸にする必要があります。事業所全体の比較では、管理職をきちんとコントロールできているか?という評価を下せます。

店舗別の状況を見て、
最適な責任者を配置したい

店舗属性とは、多くの店舗を経営している企業に適しています。

店舗ごとの離職率、平均勤続年数、在籍社員の特徴を見ることで、店舗ごとの人材定着率をデータ化できます。それらのデータにより店舗改革のための人員配置計画に役立てることが出来ます。

上記の6つの要素を出力された数値から適性を評価し、人員配置が可能になるため、常に客観的な視点で公平なマネジメントに貢献します。

2.離職した社員だけをピックアップする離職者リストページ

フルパッケージ版では従来の入力シートとは別に離職した社員だけで排出されるデータベースページが追加されています。

職種別・店舗別・事業所別でデータのソートが出来るので、どの部署に? どの店舗で? どの管理職の元で? どれだけ離職が発生しまっているのか?を確認できます。このデータがあれば、次年度は、どれだけ新入社員を補充しなければいけないのか?ということまで簡単に知る事が出来ます。

3.目的別に社員教育のための人員配置計画を検討できる

管理職によって得意な人材育成は異なります。

真面目な社員、一癖ある社員、優秀な社員。それぞれ付き合い方は異なります。

右記の様に、管理者ごとに得意な人材育成データを数値化することにより、誰に誰の教育・管理を任せるか?と言う部下の割振りにもご活用いただけます。

また、リテンションへの取り組みを通じて、どれだけ社員の質を高められたか?の評価にも利用いただけます。

これらの機能をフル活用いただける離職率データ分析の完全版

人手不足を改善するための
「離職率データから作成する人事考課」
価格: 9,900 円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る