離職率改善の効果測定をするための人材管理コストEXCEL

リテンションコストエクセルは、潜在コスト・喪失コストの観点から、離職の発生によって、採用・教育によって自社がどれだけコストの無駄を負担したのか?それがどれだけ人件費の増加に跳ね返っているのか?に関する詳細な分析を可能にするツールです。

無駄になったコストをなくすという性質上、給与カットやリストラをすることなく、人件費の削減を達成することができます。そのため導入企業様は、人材施策のリスクを背負うことなく利益改善を目指すことが出来ます。

リテンションコストエクセルの5つの特徴

リテンションコストエクセルはリテンションマネジメントを通じて利益改善をするための必須機能として、自社が負担している見えないコストを含むトータルコストの算出、リテンションレートの改善によってどれだけの効果が見込めるのか?をセットでご提供します。

1.財務・会計業務を経験していない方でもストレスフリーで打てる入力設計

当テンプレートでは、「採用紹介制度を利用していますか?」や「面接時間は何分ですか?」など、質問形式に入力フォームを設計しています。そのため、専門知識がない方にも、質問に対する答えを入力するだけで、専門的かつ網羅的に採用・育成コスト分析が可能になっています。

2.潜在的に自社が支払っている実質合計コストを把握することが出来る

当エクセルでは、財務指標(PL表)には計上されない潜在コストを算出できるよう以下のような機会コストを入力できる導線になっています。 

ガイドに従って入力していけば、潜在コストを含んだ実質のトータルコスト表が算出されます。

Rable式コスト表 領収書に反映されない投資時間を反映したコストを計算できます。

 

3.リテンションの取り組みによるコスト改善のシミュレーション機能搭載

リテンション目標を達成できれば、どれだけのコスト効果を見込めるかを試算できます。採用コスト・育成コスト・人材流出コストの3つのシミュレーション機能が完備されています。リテンションを実行する上で、人件費をいくら削減するのか?具体的な金額目標が決定することが出来るようになります。

4.自社社員の生産性を確認できる人的資源分析機能

リテンションはコスト削減効果だけではありません。離職者を減らし、自社の人材の質を高める事につながります。

このエクセルを使えば、現在の1人当り社員の生産性を評価でき、自社の生産性は向上しているか?にご活用して頂けます。

5.労務管理としても使える。働き方改革を強くサポートします。

リテンションを行うことで、社員の質を高め、生産性を高める事で、人件費を上げることなく、労働条件の改善がどこまでできるか?離職率目標を達成した時の職場環境の改善を予測できるシミュレーション機能も完備。自社のコスト負担をかけることなく、働き方改革の実現を強くサポートします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る